便利な着物のレンタル

便利な着物のレンタル

着物は、日本の伝統的な民族衣装です。かつては日常的な装いとして身につけられていましたが、現在では、七五三や成人式、結婚式など、限られた行事にのみ着用ことが一般的となりました。そのために、家庭で着物を保管することが難しく感じられ、レンタルを利用する傾向が見受けられます。レンタルならば、保管に必要な収納スペースを気にする必要がありませんし、手入れなどの面倒なことを避けることができます。 また、レンタルショップには、さまざまな種類の着物がありますから、嗜好や目的に応じて、自由に選択することが可能です。さらに、女性用ばかりではなく男性用も揃っていますし、子供用や高齢者用など、幅広い年代にも対応していますから、とても便利です。尚、着物のレンタルについて詳しいことを知りたい場合には、インターネットで検索すれば、各レンタルショップのホームページが見つかります。着物の種類や価格など、詳細を知ることができます。

着物の着心地の良さの秘密

和服の正式な着方は重ね着で、昔は毎日着用する普段着であったため、ただ単に重ね着をするだけでなく、その着方には様々な意表を突く創意と工夫がありました。元々着物は重ねて着るほど丁重な支度と捉えられており、そうした考え方は西洋文化が入ってきた文明開化の明治時代になっても受け継がれ、その当時は三枚重ねが決まりとされていました。
そして現在では礼装の基本は二枚重ねになっています。
しかし、着物の上に更に着物を重ねるのはいくら礼装とはいっても梅雨の時期や夏は暑く、着くずれも起こしやすく見栄えもよくないため、これでは困ると考えられたのが、重ねと呼ばれる比翼仕立ての方法です。
これは江戸時代から使われていた手法で、表着から見える部分四ヶ所にだけ白羽二重を綴じ付け、いかにも重ね着をしているように見せる方法で、生地の節約も兼ねた礼装の決まりにかなった大変合理的な手法です。そうは言っても重ね着には暖かいという利点があり、この最もたるものが十二単です。十二単が平安時代の宮廷に出入りする女性の間で着られていたのは、単に寒かったからです。平安時代の宮廷は寝殿造で柱はありましたが、柱と柱の間に壁がなく、夜になると蔀戸を下げるだけの開放的な造りでした。そのため外からの風が否応なしに入ってきて、これを遮るものは几帳や屏風だけしかなく、その寒さは相当なもので、寒さ対策から次から次へと重ね着をすることになり十二単という衣装が生まれたのです。

おすすめWEBサイト 5選

時間をかけて、丁寧に分かりやすく説明いたします。

名古屋で相続税、贈与、遺言書は【相続税名古屋サポートオフィス】

材質が金であれば、どんな品物でも買い取りさせていただきます。

金製品の高価買取

物干し、郵便受け、ゴルフ練習ネットなどの日用品専門の通販サイト【ティーアップ】へようこそ!

物干し

落ち着いた交流の場を提供します。

社会人サークル

おしゃれなこだわり家具を激安通販サイトです。

家具の通販サイト

2014/12/11 更新

トップへ